【ミニマリストが選ぶ】断然お得なPayPay経済圏の魅力

*アフィリエイト広告を利用しています

paypay経済圏と楽天経済圏はどっちがお得?

日常生活品をネットショッピングで購入する方なら、ポイント等をトータルで見て、断然paypay経済圏がお得。

ミニマリスト前提条件

衣類:こだわりなくネットショッピングで購入

食事:基本的には必要最低限の栄養素の食品をネットでまとめ買い

住宅:4畳半のワンルーム

*「スマホ」と「買い物」の組み合わせによる比較

*「株・証券」「ふるさと納税」等のポイント加算を行わないケース

結論

近い前提条件であれば、「楽天市場」よりも「ヤフーショッピング」が全てのポイント還元分をまとめると、断然安くつ「paypay経済圏」が1番お得。

Mr.S

あくまで個人的評価となります。

目次

私がヤフーショッピングで定期的によく購入するもの

スクロールできます
*価格変動あり

Mr.S

「好きな時に好きな物」より、「普段は質素に、たまに好きな物」で健康を維持させています。

ヤフーショッピングと楽天市場での「お得さ」を比較

上記の商品の最安値通常価格では

差額 423円

ヤフーショッピングが負けているわけですが、

  • ワイモバイルユーザー
  • PayPayカード利用

のPayPay経済圏であると、

毎月5の付く日だと、ポイント還元率が11%はあります。

不定期のボーナス日だと、

21%還元の時もあります。

スクロールできます
*変動あり

これが

  • 楽天モバイルユーザー
  • 楽天カード利用

の楽天経済圏であると

お得な日を選んでも、6~8%がやっと

ではないでしょうか。

(ヘビーユーザーであれば最大16.5%)

スクロールできます
*変動あり

こうなります。

ヤフーショッピング11.5% と 楽天市場8% で比較すると

スクロールできます

最終的に

結果

ヤフーショッピングが「282円お得

という計算になります。

ですので、

これが毎月の支出だったり

ボーナス日の21%還元日に当たると、

かなりの差額になってきます。

諸条件が適宜重なりますが、

私の場合は、還元率12%が普通

高額になる商品は17%22%となるボーナスタイミングで、購入しています。

*「ゾロ目クーポン日」はあまり対象商品がなくあまり利用しません

paypayを賢く使うためのコツ

毎月「5」の付く日(11%)に定期的に注文

現状、この還元率は変わらないので

毎月3回、このタイミングは逃さないように注文します。

不定期のボーナス日のために常に注文する商品カゴに入れておく

最大21%の還元率がある時がありますが、

その告知を常には意識できないですし、実際にストアにもよるので

詳細に把握しにくいのが現状です。

ですので、

私の場合は、買う可能性があるものは常にショッピングカートに入れておき

時折、カート内を更新してみて、

11%より高くなっていた場合は、即購入します。

PayPay経済圏「ワイモバイル」vs 楽天経済圏「楽天モバイル」

スマホ料金・コスパで比較

スクロールできます
スクロールできます

単純にこの表比較では、

楽天モバイルが優秀に感じます。

しかし、

総合的に判断しないといけません。

  • 安ければ安い方が良いが、格安スマホで3千円内なら合格点
  • 無駄な動画視聴等せず、wifi活用すれば通信速度は3GBで十分
  • 毎月のネットショッピングの還元額との総合バランス
  • 楽天会社の改悪・倒産危機

これらを含めて、判断しましょう。

paypay利用でポイント以外のメリット

スマートなお財布管理

キャッシュレス決済が進んでいる中、街の個人商店等には中々普及できない中、

PayPayのみは対応の店舗が増えてきていますので、PayPayさえあれば、財布を持ち歩く必要がなくなりつつありますね。

生活の整理整頓に貢献

役所などからののバーコード請求書の決済も、PayPayなら自宅で読み込んで、支払いが可能。

わざわざコンビニに並ぶ必要もありません。

削減できる無駄な費用

PayPayさえあれば、給料日後に銀行ATMに並ぶ時間や、コンビニATMに無駄な利用手数料を無くすことができます。

環境への配慮

不要な紙の明細はなく、全てアプリ上で履歴確認ができ、エコです。

生活の質の向上

無駄な手間を減らし、時間を無駄にしないで済むことで、日々取り組む優先課題に脳のリソースを割けます。

paypay経済圏で実現する節約術

ポイント還元を活用する

貯まったポイントは、楽天ポイントのような有効期限はありませんが

「ポイ活」等に利用するのではなく

適宜、ショッピングで利用することをおすすめしまえう。

キャンペーンを利用したお得な買い物

ヤフーショッピングでは

PayPayジャンボ

買う!買う!サンデー

プレミアムな日曜日

5のつく日

ゾロ目の日限定クーポン

楽天市場より多彩なキャンペーンが多彩です。

組み合わせテクニック

私のネット通販の場合、

  • ヤフーショッピングが約9割
  • Amazonが約1割

で利用しており、

貯まったpaypayポイントをAmazonの支払いでも利用できるのは、すごくありがたいです。

ミニマリストから見たpaypay経済圏の未来

拡大が予測されるpaypayの影響力

現在の「5大経済圏」

ドコモ経済圏au経済圏PayPay経済圏楽天経済圏イオン経済圏

において

楽天経済圏の改悪」は大きく囁かれ、

スクロールできます
利用者数
ドコモ経済圏5395万人
au経済圏3,240万人
PayPay経済圏6,100万人
楽天経済圏4,090万人
イオン経済圏900万人

それぞれの個々の利用シーンにもよりますが

  • 「銀行」「証券」の使い勝手
  • ソフトバンクグループの力の入れ方

を見ると、

Pay Pay」が圧倒的にシェアを奪うと感じます。

paypay経済圏の発展とミニマリズム

物をなるべく持たないミニマリストにとって

出かける際も、財布いらずで、

スマホさえあれば何とかなる時代に

早く到達してほしいと願います。

シンプルで豊かな生活を実現するためのpaypay活用の総括

現代社会において、これらの便利でお得な「経済圏」を利用しない手はありません。

その中でも、私は

PayPay経済圏
  • ヤフーショッピング
  • ワイモバイル
  • PayPayカード
  • PayPay支払い
  • PayPay銀行
  • PayPay証券

をおすすめします。

最大の理由

ネットショッピングによるポイント還元額が、トータル1番高いから

ぜひミニマリストの皆さんは、

paypay経済圏を選んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次