世界の離婚率

アメリカ・ヨーロッパをはじめ、先進国の離婚率は50%以上。

約2組に1組は、離婚している現実。

日本もそれに近い数字となってきています。

子供にとって、今や両親揃ってる方が少ないんですね。

こう聞くと、結婚を夢みる方には、ちょっと夢のない現実ですね。

でも現実です。

ちなみに、人間の恋愛時の脳はチンパンジー並みといわれており、

20分先の未来までしか想像できません。

なので、恋愛感情のまま勢いあまって結婚までいったものの、

いざ結婚生活を継続していくと

「こんなはずでは・・・」となってしまうんですね。

中には、高齢になっても仲の良い夫婦おられますが、それは本当に素晴らしいです。

私の離婚理由。

仕方なくの共働きではありましたが、

料理もしない、家事もほとんどしない、子供を遊ばせない、すぐキレる、元妻を「鬼」「山は動かない」などと、たまに軽く、冗談ぽくディスり続けたことが、原因だと元妻から切り出されました。

これには、ただただ反省。

でも、正直なところ、

私から三行半(みくだりはん)を下してかまわない夫婦環境であり、

元妻の態度・行動からすれば、逆に慰謝料をこちらが請求できるくらいだと確信しています。

ただ、かわいい子供のために、何も言わず、怒りもせず、

元妻の言いなり通りに生活し、そして、その後離婚を決意するにいたりました。

まさか、自分が離婚をするなんて、結婚した20歳代、夢にも思いませんでしたね。

やっぱり所詮、赤の他人同士。うまくいかないのかとしみじみ・・・。

離婚に要するパワー、話に聞くより、本当に結婚より大変です。

ただ乗り越えると、

自由な解放感 → 少し虚無感 → 新たな人生への期待感

へと、心は変わっていきました。

離婚を経験したことは、人生の失敗なんて後ろ向きに考える必要はなく

この経験にて得た人生の教訓は、今後の人生に絶対役立ちます。

パートナーを求める方には、今度はよりよいパートナーを選ぶことができるでしょう。

離婚を推奨はできませんが、

もし子供が仮にいても、両親が憎しみあっているくらいなら、離婚して、

お互いの人生を思うように生きた方が、環境的に子供にもいいと思いますし、

まして自分が死ぬときに絶対後悔しないと思います。

でも一番は、

結婚する前に、お互い冷静に考え合って、しっかり決めごとをして、

ケンカをしても、

アサーション(相手を尊重しつつ、自分の意思を伝えるコミュニケーション)

を続け、よい家庭を築き・継続してもらいたいと

心から願います。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA