障害者の恋愛のネガティブな思い込みは間違い。障害を理由に、恋愛を諦める必要はない。

「自分にはこんな障害があるし、きっと恋人できないよな」

こんな恋愛に対するネガティブな思い込みは、間違いです。

障害を理由に、恋愛を諦める必要はありません

世界的に見ても、障害者であろうと、ADHDであろうと

いくらでも恋愛をしているケースはあります。

1つの何かが出来ないという強烈なネガティブを理由に、全てを諦めてはいけない

んです。

何かが出来ないという、変えることのできない事実は受け入れ、

みんなと同じことはできなくても、違うことができるという点を見出し

そこをアピールして、勝負

すればいいのです。

日本では、よく「五体不満足」の著者、乙武洋匡さんが代表例にされますね。

「障害は不便です。だけど、不幸ではありません。」

その言葉にも秘められているように、

そんなあなたに必要なのは自分を愛する自信です。

恋人を望む場合は、ぜひそう考えるようにしてほしいと願います。

私自身、今は五体満足で、大きな障害なく生きてきました。

いつ何かしらの障害をもつことになるかは、分かりません。

でももし、そうなってしまった時、必要なマインド

「自分自身に自信を持つこと」

「あるがままの自分を常に受け入れること」

を意識しています。

運動と、チャレンジ精神と、瞑想

で身に着けられます。

ぜひみなさんも、日ごろから気を付けるようにしていただければと思います。

そしたら、どんな困難な状況になったとして、

きっと乗り越えられて、その先にあなたにしか味わえない幸せがある

と信じています。

自身のマインドをコントロールするには、おすすめの本です。

ぜひ、読んでみてください。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA