「あなたは残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいのか」

「あなたは、残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるようなチャンスが欲しいのか?」

この言葉は、あのスティーブ・ジョブズ(故)が、Apple創業時に

当時のコカ・コーラ社の社長を引き抜くために言い放った言葉です。

皆さんはもしこう言われた時、自信をもって

「今の自分の仕事に人生を費やす」と、断言できますでしょうか。

私自身は、出来ませんでした。

若い世代を過ぎ、今や、仕事で安定した収入・世間体だけ得て、好きなことは休日にすればいいと考えていました。

でも、本音はできれば仕事をする時間の人生も、良い時間を過ごしたいものです。

もちろん、皆さんそうですよね。

ジョブズの言葉。

仮に、今、公務員で何となく働いている人に言い換えてみると

「あなたは、残りの人生も、お年寄りやワガママな市民のために日々文句を言われながら費やしたいのか?

それとも人生を変えるチャンスが欲しいのか?」

と言い換えることもできます。

公務員の仕事が好きな方には、響かない言葉だとは思いますが

大勢の人には当てはまるのではないでしょうか。

今後は、公務員とて安定職業とは言いにくい時代となっていきます。

「好きなことで生きていく!」

は難しくても、

「嫌いなことで死なない!」

選択肢は、皆さん選べると思います。

今の仕事に何かモヤモヤしながら時間を費やすより、

新しい自分の人生を切り開いていきましょう!

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA