「サンプル数 1」より、「科学的データ」を信用する

例えばですが、

「体にとって明らかに悪い事」

「体にとって明らかに良くない事」

ありますよね。

タバコによる喫煙を例にすると、

普通に考えると、体に害しかないので、吸わないのが絶対良いのは、分かりますよね。

肺癌になる確率も、吸わない人に比べ4倍高いです。

それも分かってても、やめられないし、やめようともしないのも、分かります。

ただ、その言い訳の中に

「○○のおじいちゃん、タバコ吸ってたけど、肺癌ならず、90歳まで生きたてた」

と言う人がいます。

確かに、中にはそんな人もいるし、私の周りでも聞いた事はあります。

でも、所詮

「サンプル数たった 1」

の話なんです。

それを、鵜呑みにして、自分もそうなると信じますか?

肺癌になる確率など、

何年も何万人もの膨大なデータ「科学的根拠」

に基づいて、発表されてます。

どちらを信じるべきか、明らかですよね。

他にも

「肉ばっかり食べて長生きした」

「毎日酒飲んでても肝臓悪くなかった」

「3〜4時間しか寝なくてもいつも元気」

周りには、こんな人もいることでしょう。

でも、これも

「サンプル数1」。

「科学的データ」の元では、絶対良くありません。

肉より野菜が重要だし、

毎日の飲酒は肝臓に負担をかけるし、

体の回復には6〜8時間の睡眠は必要です。

悪いと分かっていても、

大丈夫だった実例が一人でもいたら、自分なら大丈夫と、

信じたくなるのも人間です。

ですが、所詮、何万人という科学的データと比較すると

たった、「サンプル数1」なんです。

何かを決断する時は、ぜひこの事を考えてほしいと思います。

以上、参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA