「占い」はインチキ。「厄年」は根拠なし。

占いはインチキです。

騙されてはいけません。

ただ、誰にでも、当たり障りのないように、うまく言いくるめているのが

当たっているように感じるだけです。

よくよく考えたら、占い師にその人の未来が分かるのであれば

占い師自身の未来を予測し、あんな道端などで座って、あんな金額でやる必要もなく、もっと成功した形で生活できてるはずです。

それができていない。

それが、占いの真実です。

でも、誰しも頼りたくなる時があるんですよね、メンタルが落ち込んでしまってる時は。

ポジティブな言葉をかけてほしいし、

自分の話をただただ聞いてほしいんです。

その意味だけでは、「占い師」も存在価値があるのかもしれません。

ぜひ、根拠のない言葉でなくて、科学的データに基づいて行動しましょうね。

私は、元々占い等には興味ありませんでした。

なぜなら、良くも悪くも未来が分かってしまうと、おもしろくないし、そのことに縛られながら生きていくのも嫌だからです。

でも、周りの人は好きみたいだし、騙されてる人もいるし。

あと、厄年たるものもありません。長年言われてきて、これも科学的根拠はありません。お祓いや御守りに高いお金は必要ありません。年齢的に身体に変化が現れる時期なだけです。

健康に特段気をつけ生活していけば、その変化も小さく済みます。

あなたの周りを見渡して、厄年の時に何か悪いことが起きたという人は何%でしょうか。

きっと数える程でしょう。

私自身もこれも気にせず、病気・事故などは厄年以外の時に経験しています。

「占い」「厄年」。

こんな言葉に振り回されることなく、今現在を悔いないように精一杯生きていきましょう!

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA