「夜勤の仕事」は、体へのダメージが大きい

科学的に、夜勤の仕事は、

体へのダメージが結構大きいとう事実。

人間の体内遺伝子は、狩猟採取の時代から

日が登ったら活動し、日が沈んだら寝静まるように、組み込まれており、

いくら人間が進化しても、その点においては

完全に変わってはいないからなんですね。

それに、反する行為は、やはり体には害として蓄積されます。

そもそも、夜勤が好きな方は少数でしょう。

しかし、余儀なく夜勤の仕事をすることになる方もおられるでしょうが、

なるべくなら、夜勤がない職業に就きたいですね。

私は30歳代の頃、福祉関係の仕事で経験したことがあります。

夜勤は普通にしんどいわけなのですが、まだ30歳代ということで、まぁ何とかこなしていたのですが、やはり体にはよくないんですね。

とはいえ、医療や福祉関係の仕事は、どうしても夜勤が必要ですよね。

私の周りで、長年看護師をして定年後の女性、同年代の方と比較し、そう言えば弱ってる気がします。

皆さんの周りにもいませんか?

夜勤が多かった人、同年代より少し老けてたりする傾向。

これから、AIを駆使した時代になり、職業も様変わりしていくと思いますが

どうしても夜間の仕事もあると思いますが

体のためには、やはり、夜勤の仕事は避けたいですね。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA