「夜勤の仕事」メリット・デメリット。

「夜勤の仕事」を選択する際のメリット・デメリット。

科学的には、

夜勤の仕事は、体へのダメージが結構大きいとうデメリット

しかありません。

実年齢の若さで保てていたり、夜勤の方が働きやすく感じていたとしても

体はそのダメージを蓄積していき、いつしか病気のもととなります。

なぜならそれは、

人間の体内遺伝子が、狩猟採取の時代から

日が登ったら活動し、日が沈んだら寝静まるように、組み込まれており、

いくら社会とともに人間が進化しても、その点においては完全に変わってはいない

からなんです。

それに反する行為は、やはり体には害として蓄積されます。

そもそも、夜勤が好きな方は少数でしょう。

しかし、余儀なく夜勤の仕事をすることになる方もおられるでしょうが、

自身の健康を思うのなら、なるべくなら、夜勤がない職業を選択すべきです。

私もちなみに、30歳代の頃、福祉関係の仕事で経験したことがあります。

夜勤は普通にしんどいわけなのですが、まだ30歳代ということで、まぁ何とかこなせてました。

あの頃はこの事実を知らなかったので、夜勤手当に満足してしまっていましたが、

今続けていなくて良かったと心から思います。

そして、私の周りに長年病棟看護師をして定年後の女性がいます。

同年代の方と比較すると、そう言えば現在、弱っている感じがします。

皆さんの周りにもいませんか?

夜勤が多かった人、同年代より少し老けてたりする傾向

これから、AIを駆使した時代になり、職業も様変わりしていくと思いますが

どうしても夜間の仕事もあると思います。

医療や福祉関係の仕事は、どうしても夜勤が必要ですよね。

それでも、

繰り返しになりますが、体のためには、やはり、夜勤の仕事は避けたいところです。

職業選択において、知っておいておくべきことがこちら↓

科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方【電子書籍】[ 鈴木祐 ]

メンタリストDaiGoさんも絶賛されていました。

さらに、

「好き」を「お金」に変える心理学 DaiGo/著 PHP研究所 DaiGo/著【ビジネス マネープラン マネープラン一般】

こちらでマネタイズを勉強するのもおすすめです

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA