「子供のいない夫婦」の人生の幸福度は「子供のいる夫婦」より高い

「子供のいない夫婦」の人生の幸福度の方が、「子供のいる夫婦」より高い。

そんな統計データが存在します。

それがなぜなのかと言うと、

子供が与えてくれるものが、人生トータルで考えた時

「喜び」よりも「辛さ・大変さ」が勝るから

だそうです。

確かにそうなのかもしれません。

私も二人の子供と暮らしたのは、約10年間。

正直、この頃までの期間は「喜び」が多かったて感じています。

しかし、今想像してみて、

これから年頃・思春期を迎える子供たち二人。

きっと大変なことが多かっただろうなぁ。というのが、安易に想像できました。

思春期を過ぎても、子供の友人関係や、受験、就職、結婚、孫の世話・・・

それを親として、単純に喜んでいられたらいいのでしょうが

きっと「大変さ・辛さ」と感じることもあるでしょう。

そう考えると、

夫婦にとって、子供がいても、いなくても、どちらが幸せとは言えなくなります。

もちろん、国の存続のためには人口は増えてほしいものですが・・・

私の場合ですが、離婚後、一回も子供に会っていません。

別に会えないわけではありませんが。

今でも子供の事は愛しています。

でも、こうなった以上で思うのは、子供のことを考える暇があるなら、自分自身の人生をもっと価値あるものにしよう。

今はそこだけにフォーカスしています。

いつか子供が自分の意思で会いに来てくれるか、

いつか大人になった姿が一目見れたらいいなと思っています。

子供がいてもいなくても、やはり大事なのは自分の人生!

周囲が何と言おうが、自分の人生!

「子供の存在」にとらわれることなく、自身の幸福のために生きていきましょう!

メンタルを鍛えるには、こちらがおすすめ↓

自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス [ メンタリストDaiGo ]

ぜひ読んでみてください、私も助けられました。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA