うつ病などの精神系疾患の注意点。診断は、セカンドオピニオン・サードオピニオンを受ける。

精神系疾患の注意点。

診断は、セカンドオピニオン・サードオピニオンを受ける。

このことを覚えておきましょう。

なぜなら、精神系疾患の場合、

最初の医師の診断が仮に間違っている場合もよくあるようです。

その間違った診断のまま、自身はそうであると思い込み、

さらに気分は落ち込み、間違った処方薬を継続するも、

改善傾向がないといったケースがあるようです。

ですので、

うつ病などの精神系疾患の診断を求める場合は

その病院の口コミなど調べ、セカンドオピニオン、サードオピニオンまで受けた上で、

診断結果を受け入れ、納得いく治療法を選択して下さい。

もし、うつ病になってしまったら、絶対に読んでいただきたい書籍↓

うつが治る食べ方、考え方、すごし方 完全復職率9割の医師が教える [ 廣瀬久益 ]

自身にも、助けたい周りの人にもあげると役立ちます。

そして、日々心を鍛えましょう↓

自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス [ メンタリストDaiGo ]

非常に参考になると思います。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA