お酒の「百薬の長」は嘘

「そろそろ、お酒やめようかな」という著書により、

今まで長く信じられてきた言葉がくつがえされました。

昔、中国で国家が財政を立て直すために、都合よくお金を国民から徴収しやすくするためのウソだったわけです。

今まで信じてきた私たちは、ちょっと残念な事実です。

結論、やはりアルコールというものは、少量であろうと体にとっては害でしかない。

依存性の高い、合法的な麻薬みたいなものなんです。

かろうじて、お酒が体に良いとされる成分は、赤ワイン等のポリフェノール位だそうですが。

健康に特段気を遣うようになってきた私も、やめるべきか悩みました。

元々は毎日飲んでいましたし。

でも、毎日朝の運動が習慣化し、お酒を飲まないと体の軽さが全然違うんですね。

当たり前だったのかもしれませんが。

運動続けて、半年程たってようやくたどり着きました。

そして、睡眠の質も変わりました。

お酒を飲むと、夜中にトイレに行くことがしばしば・・・。

そのあと寝つけはしますが、続けての7時間の睡眠時とは、これまた体が違う。

こうなってくると、お酒をのむ楽しみよりも、毎日体が軽い方が嬉しく感じれるようになりました。

完全にやめたわけではなく、

創造性を高めることと、味を楽しむのに、休日にグラス2・3杯の赤ワインを飲むことだけでしています。

お酒大好きな皆さんは今一度、お酒との付き合い方は考え直した方がいいかもしれませんね。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA