ガン(癌)という病気を克服するために、必要なもの

ガン(癌)という病気を克服するために、必要なもの

「自分の体は、ガンを治す力がある」そう信じ続けること

が大切であると言えます。

ガン宣告を受け、余命宣告を受けても

克服し、生き続ける方も間違いなくおられます。

なので、そこには

科学的に解明されない部分が必ずしもあります。

克服できた人と、克服できなかった人。

ですので、この差の一つに、

「自分の体は、ガンを治す力がある」そう信じ続けること

があります。

誰しも日々、がん細胞は発生しています。

ただ、日々その細胞を殺してくれている免疫細胞がいます。

必ず人間の体を健康に維持するための「自己治癒力」が備わっているんです。

治らない傷はないんです!

治療は辛いと思います。

でも、

この一つ一つの薬が、私の体を治す手助けをしているんだと信じるんです。

諦めたらそこで終了です。

巷に出回る噂話や、怪しげな民間医療などではなく、

本当に医学書の中にもきちんと想定外でガンを克服した例は記されています。

ただ、科学ではまだ証明できないんですね。

これを、ただの「奇跡」ととらえるかは自由です。

そして、これだけ医療も科学も進歩しても、

ご存知の通り、「風邪の特効薬はまだない」んです。

これを発明できたら、「ノーベル賞」ものだと

私が小さいころから聞いていて、何十年でしょうか。

なので、もし余命宣告を受けたとしても、それは100%ではないんです。

いちご君
いちご君

自分の体を信じ続けましょう

私がもし、今、癌宣告を受け余命一年と言われたら。。。

医者の言う通りの治療を信じながら受け、ひたすらお笑い動画を見続けます。

やはり「笑う」ことは、ナチュラルキラー細胞の活性化として有効であると

これは実証されています。

後は、好きなことを継続します。

可能な限りの運動、美味しいものを取り寄せて食べ、ブログで情報発信して

株取引で資産を増やし、生き抜く未来を創造し続けます。

日本メンタルヘルス協会の心理カウンセラーの衛藤信之先生は

こんなことも伝えてくれていました。

癌(ガン)という、「名前」が良くないと。

「ガン」と聞くと、気持ちが「ガーーーン」ってなります。

これを

「ポン」に変えようと!

医者に「〇〇さん、これはポンですね」と言われたら

「先生、私ポンですか!!」

音的に、暗くなる要素がないですよね

これを病名にしたら、もっとガンは治るようになると言っていました。

なので、私も親しい人には

「ちょっとポンになってさ、でも大丈夫」

そんな風に伝えます。

精神論で乗り切るということではなく、

自分の体を信じ、前向きに、人生を全うする。

この事が大事なんだと思います。

メンタルを強く保つために、有効な書籍がこちら↓

自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス [ メンタリストDaiGo ]

ストレスを軽減させたいならこちらがおすすめ↓

マインドフルネスストレス低減法 [ ジョン・カバット・ジン ]

ぜひ一度読んでみてください。

イチゴ君
イチゴ君

🍓おすすめ高級いちご🍓

ぜひ一度食べてみてください🍓

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA