ヤクルト乳酸菌のメリット・デメリット

昔から日本人に広く愛されている、

「ヤクルト」。

今もご愛飲されている方も多いのではないでしょうか。

メリットとして、

子供から大人まで、乳酸菌が腸に良く、しかも飲みやすいいことで重宝されていますね。

私もよく子供の頃からお世話になっていました。

ただ、このヤクルト製品。

実は

「砂糖」が多いのがデメリット

なんです。

あれだけおいしく子供までもが飲みやすいのは、砂糖のおかげ

なんですね。

他の甘い食べ物の砂糖(糖分)に比べると、大きな分量ではないんですが

もし、毎日の腸活のための乳酸菌摂取として「ヤクルト」はおすすめできません

幸いにも技術の進歩は進んでいるこの時代。

もっと効率的に、体にいい乳酸菌を含めた腸にいい製品が誕生しています。

一番おすすめは、

「ビオスリーHi錠 」(アリナミン製薬

です。

特徴は、乳酸菌やビフィズス菌を増やす糖化菌、腸の機能維持に必要な酪酸菌、酪酸菌の増殖を助ける乳酸菌の3種の活性菌が生きたまま届き、腸内フローラと大腸バリアを改善し、日ごろの便通を整えてくれます。

5歳以上のお子様から、老若男女問わず効果が期待でき、体に優しい製品です。

健康は何よりも大切です。

そして、見えない自分の内臓のなかでも、「腸」は血液を作ることと免疫作用において、非常に大切です。

ぜひこれからの「腸活」には、

「ビオスリーHi錠 」


を、おすすめします。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA