人類至高の生活「散歩」と「読書」

人間にとっての最高級と言える生活。

それは毎日、「散歩」と「読書」だけする。

ではないでしょうか。

もちろん、生活できるお金があっての話ではありますが。

どこの世界ででも、「衣食住」を満たせば、生きていけます。

それ以上のものは、人間にとって嗜好であり、至高のものなんですね。

「衣食住」以外に、

人が人としてすべき、最低限必要なもの。

それは、「運動して体を使う」と「脳を使う」ことではないでしょうか。

この2点がないと、人間は退化するだけです。

運動としては、「散歩」として、少し早歩きを30~40分するのが、一番体に無理なく、効果的だそうです。

注意点としては、

・スマホを持たない

・ペットの散歩、買い物ついでと一緒にしない

ことです。

そして、脳を使うには「読書」。

目で認識し、読解力と記憶力で脳を鍛える。

脳の萎縮を防げますね。(ボケにくくなります)

これだけのことで、人生を生きていけるなら最高ですよね。

他にも、至高(嗜好)の領域はたくさんありますが、

この「散歩」と「読書」に限定したメリットは

・お金がかからない

・上を目指せば、上には上がいる

・身一つでできる

・仲間なしで、一人でできる

ということに、他なりません。

あくまで、理想の、至高の世界像ではありますが

目指せない領域でもないとも感じています。

欲張って、果てしない、贅沢な未来を夢見ず

もっと身近に味わえる至高の生活に標準を向けて生きていけば、

人生もっと、楽に生きられるのではないでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA