会話が苦手な人の解決法・会話を続ける方法

会話が苦手な人の解決法・会話を続ける方法

として有効なのが

「会話の最後の2・3語を繰り返し、そこに疑問符を付ける」

手法です。

これをただひたすら繰り返すことで、途切れない会話ができるようになります。

相手も自分の発した言葉を繰り返してもらうことで

話を聞いてもらっている安心感と、疑問符により関心をもってくれている感覚になり

あなたへの印象も変わることでしょう

稀に、「あまり話すのが好きじゃない」

という方もいますが、必ず何か得意な分野では絶対しゃべりたいものです。

そして、人間が一番関心があるのは

「自分自身」のことです。

自分の事を聞いて知ろうとしてくれる人を、嫌いにはなりません。

もう一つ、会話を続けるポイントが

「相手の発したその言葉の背景を聞いてあげること」

です。

例えば、初対面の女性。

「何のお仕事されてるんですか?」

と聞いて、

「保育士です」

と返ってきたとしましょう。

つい多いのが、

「そうなんですか。小さい子供たちみるの大変じゃないですか?」

聞かれた女性も

「そうなんですよ~」

と、これくらいしか話の進展はないです。

そこで、最初の

「保育士」の背景を質問すると、

「そうなんですね。でも、何でまた大変な保育士になろうと思ったんですか?」

と聞いてあげると、

実は、私は〇〇の経験があって・・・」

そうすると、相手の女性も話がしやすくなるはずです。

出てきたワードの背景を聞いていけば、永遠と話題はつきないでしょう。

女性側も、自分の思い・考えを伝えられて、それを知ろうとしてくれた人に好印象を持つでしょう。

私も普段はあまり使用しないですが、

たまに会話が続かないなと感じる人に出会った際に、使っています。

巷には「話し方」の本などもありますが、よほど仕事で特殊な人間関係を望む以外は

この手法だけでも十分ではないかと感じます。

本で学ぶなら、おすすめの書籍はこちら↓

『超トーク力 心を操る話し方の科学』メンタリストDaiGo 超トーク力 トーク力 DaiGo

科学的な視点で書かれているため、精神・情熱系とは違います。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA