嫌なことから逃げる癖(逃げ癖)の治し方

「嫌なことから逃げる癖」の治し方。それは、

工夫をすること。やり方を変えること。

これは、日常生活や人間関係、仕事面。

全てで言えることです。

生きていると、必ず「嫌」と思える場面が出てきます。

誰でも最初は、我慢して乗り越えようとします。

そしてまたその場面と出くわした時、

同じ方法でトライしてしまいがちです。

それでうまくいかなかった場合、今度はその事象を避けようと行動してしまいますよね。

で、それがその人に癖づいてしまう。

治したいと思っていても、中々一度付いた逃げ癖は治らないものです。

私自身は、お付き合いした女性との口喧嘩が、とても嫌でした。

どんなに対応しても、らちがあかないからです。

いつしか、喧嘩に発展した際は、なるべく相手にしないように逃げていました。

今考え直すと、やはり話し合いをして、お互い納得できる方法をするべきだったと思い返します。

ですので、これからの人生。

嫌な事・うまくいかない事にぶつかった時は

同じ方法でトライせず、違う方法でトライしてみてください。

もし、夫婦・カップルの人間関係を改善したいならこちらの書籍を↓

夫婦・カップルのためのアサーション 自分もパートナーも大切にする自己表現 [ 野末武義 ]

非常に参考になると思います。

そして、人間関係全般に悩んだら、こちらをおすすめします↓

相手は変えられないならば自分が変わればいい マインドフルネスと心理療法ACTでひらく人間関係 / ラス ハリス

こちらも大変参考になる考え方が学べます。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA