嫌な人間関係の心理学的解決方法。「相手は変えられない ならば 自分が変わればいい」

「 相手は変えられない ならば 自分が変わればいい 」

この言葉をご存知でしょうか。

ラス・ハリス さんという方の、著書名でもあります。

パートナー・家族・上司・同僚・友達・等々

「こうしてほしい!」

「こうやってほしい!」

「何で分かってくれないの!」

このような感情は、誰しももったことがあると思います。

そして、

それが伝わらず、イライラ・・・怒り・・・憎む・・・

それが続くことで、自分自身のメンタルを病んでいきます

そうならないために、

「相手は変えられない」

ことをまず理解しましょう。

相手は他人。

自分と全く同じ価値観の人はいません。

パートナー関係でお互いを変えようとすると、

結局別れて、パートナー自体が変わるハメになります。

相手を変えられることができるケースは、宗教や占い等による洗脳になります。

注意しましょう。

だからこそ、考え方を180度反対にし、

自分が変わればいいんです。

そうすれば、イライラせず、怒らず、憎まなくてよくなります

どんなに意にそぐわないことでも、

「この人はこういう考え方なんだ」

と思うしかありません。

それを継続していけば、親しい仲なら、徐々に相手の行動も変わっていきます

私自身も、他人に対して怒ることはほぼない性格でしたが、きっと我が強く、

今思い返せば、元奥さんの性格を変えてやろうとしていたのかなと思います。

それを言葉にも出すことなく、たまにイラッとしながら

生活を継続させた結果、離婚により、人生は変わりました。

これからの日本・現代社会を生き抜くうえで、みんなに知っていただきたい言葉であり、うつ病等の治療にも有効な、認知行動療法ともなる考え方です。


人間関係に悩んでいる方には、ぜひ参考にしたいただきたいです。

以上、参考になれば幸いです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA