子供がトータルで与えてくれるのは「喜び」より「辛さ」が勝るという事実。

「子は宝」

「子はかすがい」

などと言われ、私も宝のように可愛がっていました。

私が二人の子供と暮らしたのは、約10年間。

正直、この頃までの期間は「喜び」が多かったて感じています。

でも、人生トータルで考えた時の統計データによると、「辛さ・大変さ」が勝るそうです。

私も今想像してみて、これから年頃・思春期を迎える子供たち二人。きっと大変なこと多かっただろうなぁ。というのは、安易に想像できました。

であれば、

「子供がいる夫婦」

「子供がいない夫婦」

どちらが本当に幸せなのか、分かりません。

もちろん、国の存続のためには人口は増えてほしいものですが・・・

私の場合は、離婚後、一回も子供に会っていません。別に会えないわけではありませんが。

今でも子供の事は愛しています。

でも、こうなった以上で思うのは、会うのは大人になった姿が一度見れたらと思っています。

もしそれ以前に、子供から会いに来ることがあるならば、拒みはしませんが。

それほど、今は「おひとりさま」として、子供のためでない、自分のためだけの人生をどう生きるかだけに集中しています。

子供がいてもいなくても、やはり大事なのは自分の人生ですよね!

周囲が何と言おうが、自分の人生!

「子供の存在」にとらわれることなく、生きていきましょう!

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA