子供の将来の選択肢を、早くに一つに絞らない

マスコミ等でもてはやされる、

各業界の最年少のプロ

子を持つ親なら、

「あんな風に自分の子もなってほしいな」

そう思わない親は少数派でしょう。

最年少の棋士、仲邑菫 二段や、藤井聡太 九段。

女子ゴルフ界の笹生優花さん、

などなど。

確かに、幼少期から始め・継続した何かが

将来 花開くことはあるでしょう。

だからといって、

小さい時から習い事を一つに絞り、英才教育を強要させてはいけません。

子供の可能性はたくさんあるので

たくさんの選択肢を用意してあげた上で、

本人が本当に続けたいものに注力していくべきです。

あの世界的テニスプレイヤー

「ロジャー・フェデラー」氏も、

実は、幼少期からテニスばかりやっていたわけではなく

学生時代などはサッカーなどの他のスポーツも経験した後に

そこから、テニス一本に絞り、世界最高プレーヤーになったことで有名です。

フェデラーまでとはいかなくとも、

やはり

幼少期の経験と、選択肢は多い方が将来の成功率を高めます。

親御様には、ぜひその気持ちで、

お子様を立派に育てていただきたいと願います。

以上、参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA