孤独のメリット・デメリット

科学的には、充実した人間関係を持っている方が、人生の幸福度は高いとされています。

寿命でみると、「孤独な人」は寿命が短く、

周りに友人がいると、寿命が延びるというデータが出ています。

まぁ、言われてみれば、何となくそんな感じはしますよね・・・。

では、「孤独」な人は「不幸」なのか・・・

というと、そうではありません。

一人でいても、孤独感を感じないなら、それはそれで幸せなんです。

大勢の中にいつもいても、疎外感や孤独感を感じる方がよほど良くないんです。

私は「孤独」嫌いではありません。

実両親や兄弟とは遠く離れ、離婚して家庭もなく、友達もゼロ。

でも、一人で外食もするし、旅行も元々一人旅好きでした。

特に今は、新しい人生目標のため、何も孤独を感じません。

「そういや、自分って孤独の部類なんだろなぁ~」

そんな感じです。

寿命は短くても構いません。

「100歳まで農業する」という人生目標ですが、本当に100歳までやりたいというかは

死ぬまで働いて人類に貢献し続けたいということなんで、

仮に早死にしても悔いはありません。

だから、無理やり友達を作ることもないでしょう。

でも、きっとどこかで素晴らしい仲間と出会える予感はしています。

「自分はなんて孤独なんだ」と、考えてしまっている方へ。

私も孤独です。

でも全然平気!

自分の人生とだけ向き合いましょう!

いつか、良い仲間ができることを信じて!

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA