就職面接の採用確率を上げる方法

就職面接での採用確率を上げる方法は

①面接官と必須事項でない話で盛り上がる

②少し上から目線で臨む

③やる気だけでなく、根拠を用意する

以上です。

特に、①だけでも十分かもしれません

<解説>

①面接官と必須事項でない話で盛り上がる

人を採用する際、面接官は自分と同じ・似たような人を採用する傾向にあることが

統計データで出ています。

なので、その面接官がどんな人柄で、興味がありそうなことを察知しましょう!

いきなり、本題からズレるのはおかしいですが、面接官も何人も同じ内容ばかり聞くのは疲れるので

少し、「普通の人と違うな」と思わせて、印象を残しましょう

②少し上から目線で臨む

どうしても、下手下手に構えると、自信がなく見えてしまいます。

「この会社で働いてやってもいいですよ」

これくらいの気持ちで向かうと、自信をもっている印象を与えます。

くれぐれも、気持ちの問題であって、上から目線を言葉に出すことのないようには気を付けましょう!

③やる気だけでなく、根拠を用意する

やる気があるアピールは必要ですが、根拠をもってないと信頼してもらえません

面接官に「やる気はありそうだけど、仕事転々としてるね。続けられるの?」

なんて聞かれた時、

「大丈夫です。私が仕事を何件か変えた理由は、様々な業界の仕組みを経験し、

それを将来〇〇こんな形で活かしたく、それを貴社にて実現したいと考えております」

こんな言い回しの、根拠を提示できるように準備しましょう!

ぜひ、これから就職・転職の面接に向けて試してみてください。

きっと採用確率はアップするはずです!

以上、参考になれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA