幸福度で選ぶ。「田舎暮らし」か、「都会暮らし」の選択。

年齢を重ねてくると

のどかな

「田舎暮らし」 か、

便利な

「都会暮らし」 に

選択肢を考えてしまうものではないでしょうか。

やはり、それぞれ一長一短あります。

ただ、人間の本質的には、

「田舎暮らし」

の選択が、人生での幸福度は高いようです。

それは、

人間の幸福度は「人間関係」で決まります。

そして、科学的には、人間が関係を保てる数は約150人までとされています。

田舎の場合、

何かと小さい集まりで、よくない部分もある様に感じますが、人のコミュニティの範囲で考えると、小さな方が楽なんですね。

都会では、

直接関係を持つ人は少なかったとしても

住むマンションの喋りもしないお隣さんや、

職場でも顔を合わすことがあるだけの人。

スーパーマーケットの人や、ジムの人や・・・

都会では、案外とたくさんの人と関係があります。

この違いが、人間関係の違いであり、幸福度に関係してきます。

いかがでしょうか。

私は九州の田舎育ちで、都会に憧れ、現在関西の主要都市で生活しています。

つい最近までは、

病院や買い物に便利な「都会暮らし」を、

生涯を通して考えていましたが、

今は人生目標に合わせた「田舎暮らし」を望んでいます。

・病気にかからない健康生活をし、

・インターネットによる宅配で買い物をし、

・身近に小さな親しい仲間を作る

それで十分だと考えています。

そして、たまに都会に出かけて、最新の文化に触れる。

今の私の理想スタイルです。

きっと実現させます。

以上、「田舎暮らし」に踏み出せない方の

参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA