恋愛の別れ話。相手を傷つけない方法などはない。

恋愛相手と自分から別れを告げようとする時、

優しさから

「何とか相手を傷つけない方法はないか・・・」

と考えてしまう方がいますが、

はっきり言って、そんな方法はありません。

必ず、どちらかは必ず傷つきます

なので、どうしても別れたいのなら、ハッキリと伝えるべきです。

今までの感謝をして、今の自分の気持ちを伝える。

結果として、これが一番相手を気遣う方法となります。

もし仮にあなたが、何かで腕を切り落とされる拷問があったとして、、、

切れないノコギリでジグジグされるか

切れ味鋭いナイフでスパッとされるか。

あなたなら、どちらを選ぶでしょうか。

きっと後者ですよね。

ハッキリと伝え、別れると最初は辛いものです。

でも、

今後のお互いのためには必ずプラスになります。

相手も、次に進みやすくなります。

無駄に可能性を残しながらズルズルいくのは、時間の無駄です。

・新しい異性はいくらでもいます!

・人は失うと思うと、急に惜しくなる性質なだけ!

・相手を思う優しさは、結局自己満足で逆に相手を傷つける!

・男女関係の復縁はうまくいかないので、振り返らない!

・悲しい時はしっかり悲しみまくると、立ち直りは早い!

・思い出の品はすぐに捨てると、頭の中の良い思い出だけが残るからダメ!

・思い出の品で、悪い記憶を思い出し、それを忘れるために利用しよう!

以上は、非常に有効な、脳科学的メソッドです。

ぜひ、覚えておいてください。

もし今、

「相手と別れたいけど、どう言ったら納得してくれるかな?」

「別れるけど、今後も良い友達でいてあげよう」

そんな思いで悩んでおられる方に

少しでも参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA