新型コロナワクチン、打つ選択肢しかない

日本人はワクチンに不安を感じる人が多いようです。

でも、結論。

打って副反応が出て辛いことよりも、

打たないで変異株などに不運にもかかり、命を落とすリスクがはるかに高いです。

私も早く打ちたいですが、まだ予約できておりません。

時々、周りで

「人口削減のために作られた海外のコロナワクチンは打つな」

「この新型コロナは人口削減のための科学兵器だ」

「新型コロナは存在しない、デマだ」

とかいう人、いませんか?

こういう話を「陰謀論」といいますね。

そんな事を言って信じている人は、IQが低いというデータがあるそうです。

言ってるその人が悪いわけではないし、何を信じるかは自由ではありますが

皆さんはどう感じますか?

私はそういう人とはあまり今後関係性を保ちたくないと思っています。

ところで、日本人のワクチン毛嫌いについて。

昔から女性の子宮頸ガンワクチンというものがあり

一時悪いデータが出て、そこで国は推奨しなくなったのですが

今は科学的立証がされているにも関わらず

日本はそれを受け入れず、そして国も訂正し推奨しないことで

先進国の中で、子宮がんで亡くなる率が高いそうです。

国も推奨すればいいのですが、過去の例もあり、一旦やめたものをまた行うとなると

要は責任問題が一番いやなんですね。

情けない。

それで、人口減少の中、さらに失われなくていいはずの命までも犠牲になっている・・・

国だけの責任ではないですが。

であれば、国民一人一人が自分んで正しい知識を学び、自分で考え、行動しなければなりません。

ぜひ、みなさんも周りがこうしてるからと風潮に惑わされず、自分で調べ、納得して行動していきましょう!

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA