正しい知識を得るには、約1.5メートル分 の本を読む

日々、新しい書物が発売されています。

情報発信のメディアの中でも、TVや新聞などは広告主の制限を受けてしまうため

どうしても真実を歪めて発信されます。

一方、書物は基本的に広告主が存在しないため、情報が歪められることはありません。

ただ、著者による

「それって、あなた個人の感想ですよね?」

と、言わざるをえなき、書物もあります。

となると、

同じ分野でも、有名な作者が数人、違う論調を記されても

一般読者は困惑してしまいます。

そういったことを解決すべき、一般人読者の方法は

本棚約1.5メートル分の、その分野の本を全て読むと

物事の本当の深層にたどり着けるというものです。

同時に、専門家と話が出来るレベルになれます。

「1.5メートル分の本」

一体何冊の本になるかは、その分野にもよりますし、いきなりAmazonでたくさん買う必要もなく

少しずつでも、興味のある分野なら

一冊の本を読んで、まに受けるのではなく

何冊も読んでみて、共通している真実の部分に

ぜひたどり着いて下さい。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA