正しい知識を得る読書の方法。約1.5メートル分 の本を読む。

正しい知識を得る読書の方法とは、

その知りたい分野の本を「約1.5メートル分」 読むこと

となります。

一冊の本を信じ・妄信してしまうと

イチゴ君
イチゴ君

それって、あなた(著者)の感想ですよね?」

っていうことになりかねません。

もちろん、筆者も書籍を出版するからには膨大なリサーチなど行っていると思います。

でも、そりゃ個人的な見解も多々含まれていますよね。

そういった偏った知識にならないために、

その分野の本を1.5メートル分読むことが大切だと言えます。

そうすることで、

各書籍で共通して言われている事柄が分かります。

何人もの作者が口を揃えて言う、ということは、

その事柄は、「真実」であると言えるでしょう。

中々簡単にできる方法ではないかもしれませんが、

ここまでできると、

「その分野の専門家と喋れる知識が手に入る」

というメリットも手に入ります。

ぜひ、学びの向上心が強く、余裕がある方は試してみてください。

たくさんの本を読むにはコツがあります↓

知識を操る超読書術/DaiGo

非常におすすめで、参考になると思います。

そして、人生で一度は読んでおくべき書籍がこちら↓

影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか [ ロバート・B・チャルディーニ ]

群衆の心理を理解できると、怖いものがなくなりますよ。

そして、もう一冊 ↓

稼げる言葉を学び、豊かな暮らしを目指しましょう。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA