無駄な出費・浪費を減らす解決方法

気が付くと、無駄なモノを買ってしまい

お金が貯まらないなんてことはないでしょうか。

この無駄な買い物をさせるための、身近にある社会的なワナが存在します。

それが、

「テレビなどから入ってくる悲惨なニュース・ネガティブニュース」

です。

これは、

心理学的に悲惨なニュースやネガティブなニュースを見聞きすると

人間は気晴らしをしたくなり、それが購買欲につながる

この心理を利用しているのです。

なので、TVCMなども、これを狙った形で広告を打っています。

そして、世間の人は何も考えず、ついつい購入してしまっているのです。

ニュース番組やワイドショーなど、なぜあんなに悪い事件ばっかり取り上げるのかは

その方が視聴率も上がるし、スポンサー企業のCM効果が上がるからなんです。

これに気づけて、もしあなたが出費をしてしまっているなら

なるべくそういったテレビのニュース等は見ないようにすることをおすすめします。

ちなみに、スマホのニュースサイトでも同じことが言えますので

スマホアプリでショッピングがしやすい分、注意が必要です。

そして、スーパーなどにも購買意欲を高めるワナがたくさんあります。

その一つが、

「試食コーナー」

です。

「試食だけして、その商品だけ買わなければいいんでしょ!」

そう思いがちですが、

実は、

「その商品を購入させるより、試食により気分を上げさせ、その後のスーパー全体での購買欲を上げる事が目的」

なんです。

思い当たる節はありませんか?

私もひっかかっていました。

こんな人間の心理を、大手の企業はよく理解し、利用しています。

出費・浪費が多いこと自体、経済を回す観点で言えば良いことなのですが

もし、自身が節約したいし、出費・浪費を抑えたいなら以上のことに

気を付けてみてください。

仮に、もっとひどい「浪費癖」などの場合は

それがしにくい生活環境や行動パターンを変えたり

いきなりやめようとせずに10%の割合ずつやめる変化を行動づけていく

ことが有効です。


基本的なお金の思考法に、非常に有用な書籍です。

大人から子供まで、日本人が知らなかった内容が学べます。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA