男性・女性の理解しにくい遺伝的本能で考える、男女関係

異性とのパートナー関係では

どうしても相手の理解できない行動があるのではないでしょうか。

それを今回は「浮気」とします。

これを、生物学的視点でとらえると

男性は

たとえ子供ができても、確実な診断を得ない限り最後まで、今いる子が

自分の子供かどうかを判別できない生き物なんです。

実際、動物の世界では、6割くらいの雄が、自分の子供でない子供を育てています。

なので、自分の遺伝子を残すべく、他の異性に種をばらまくという遺伝子が組み込まれています。

本能的にも科学的にも、男性は浮気する生き物というのは、本当なんです。

決して、今の日本の人間社会で秩序として許されるものではありませんが。

ちなみに、女性側も。

女性は、浮気の時は「乗り換え型の浮気」となります。

女性の場合は、一度身ごもってしまうと約一年間は身動きがとれなくなるため、

一度に複数との男性との関係を保つことが基本的にできません。

なので、違う優秀な遺伝子をもつ男性が現れたら

そちらに乗り換えるという、そんな本能的な性質をもっています。

いかがでしょうか。

この遺伝子的本能をよく理解したうえで、異性とのパートナー関係を続けていくと

うまくいくのかもしれませんね。

私自身も、結婚時代も含め、その本能的願望が無かったかというと

嘘になりますが、でも行動に移すことは無かったです。

その時点での「家庭」を大事にしたかったので。

本能は仕方ないけど、本能のままに行動はしない。

これは今の人間社会を幸せに生きるための、ルール。

ぜひ、よく理解していただきたいと願っております。

以上、参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA