相手をコントロールしようとする「カバートアグレッション」タイプの人

「カバートアグレッション」タイプ。

このような言葉を最近、よく耳にするようになりました。

昔から存在した概念・言葉なのか、最近までアラフォーの私、全く知りませんでした。

このタイプの人間というのは

「善意を装いながら、標的とした相手を攻撃してくる性格」

なんだそうです。

友達関係にはいなさそうですが、

職場関係には結構いるのではないでしょうか。

「部下に細かい指摘を繰り返し、弱みを用いて相手をコントロールしようとする上司」

みたいな人です。

最悪ですよね。

思い返すと、私の過去の職歴の中にもいました。

この、「カバートアグレッション」タイプの人の性格。

残念ながら、治りません。

ですので、

このタイプの人が職場にいるのなら、転職すべきです。

そうでないと、あなたの心が病んでしまいます。

もし、友達や恋人関係の人間関係の中でも

この兆候が見て取れる人がいる場合には

早めにお別れすることをおすすめいたします。

あなたが、不幸になります。

時代が進み、

昔は聞かなかった

・精神疾患の病名や、

・精神行動、

・多様な性格を表わす言葉

などの横文字が増えている気がします。

ADHD(注意欠如・多動症)

HSP(非常に感受性が強く、敏感な気質をもった人)

など。

何が悪いわけでもありません。

何があろうがなかろうが、

自分は自分で、

自分を守れるのも自分だけ。

ぜひ、変わりゆく現代社会を、共にしっかり知識を得て生きていきましょう!

以上、参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA