相手を説得させる話し方・方法

相手を説得させる話し方・方法として有効なのが

「3つの要点・パートで話す」

ことです。

話す側が理論的であればあるほど、話の要点が多すぎてしまい

相手は全てを理解できなくなります。

3つの大きな要点であれば、聞く側も理解がしやすくなります

この「3」という数字は、人間に影響を与えるメリットは大きく

かの有名な映画作品なども三部作で構成されているものが多いです。

「中々相手が言うことを理解してくれない・・・」

「この頼みにくいお願い、どう説明しようかな・・・」

ビジネス関係だけでなくとも、日々こんなシチュエーションもあるでしょう。

そんな時は、ぜひ「3つの要点」に絞って、話をしましょう。

これができると、賢い人の印象を与えることもできます。

私も日々意識しておりますが、これを駆使する最大の機会が今後訪れます。

それは、海外移住することを、両親と兄弟に説明し、納得を得る場面です。

超田舎暮らしで長年暮らし続けるその家族に、どう伝えるべきか。

現在もまだ言い回し方を模索中です。

おそらく納得してもらいにくいですが、精一杯伝えます。

ぜひ、みなさんも参考にしていただけたらと思います。

人に影響を与える考え方は、こちらで学べます↓

影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか [ ロバート・B・チャルディーニ ]

すごく値段以上の価値ある書籍だと思います。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA