精神系疾患の診断は、セカンド・サードオピニオンを受ける

現代では、たくさんの精神疾患患者がいるそうです。

疾患名も、昔からすると聞きなれない言葉が多くなってきました。

そんな中、

「セカンドオピニオン」「サードオピニオン」

普通に何の疾患であっても、納得できない場合は皆さんされますよね。

ただ、精神系疾患の場合、

最初の医師の診断が仮に間違っている場合もよくあるようです。

その間違った診断のまま、自身はそうであると思い込み、

さらに気分は落ち込み、間違った処方薬を継続するも、改善傾向がないといった

ケースがあるようです。

なので、診断を求める場合は

その病院の口コミなど調べてた上で

セカンドオピニオン、サードオピニオンまで

受けた上で、

診断結果を受け入れ、納得いく治療法を選択して下さい。

ちなみに、

本の知識等も同じく、複数の視点から見る必要があります。

一冊の本だけ読んで信じてしまうと、

その著者の考え・思考だけの場合もあります。

専門知識なら、その分野の本を、本棚1.5メートル分の読むと、専門家と話ができる知識になると言われています。

以上、参考になれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA