親しい人(知人・友人・恋人)に「お金を貸して」と言われた時

もし、

自分が親しく思っている人から

「お金を貸してほしいんだけど、、、」

そう言われたら、

その人との関係は終わりにすべきです。

間違いなく、

「大事な・大切な人に、お金を借りようとすることはありません。」

そう言ってきた場合は、

「それだけの付き合いだったということです」

様々な私情はあっても、

それが人間の本質

なんです。

もし、あなたに有り余る貯えがあるのであれば

「返ってこない、捨ててもいいお金」

として、渡してあげるのはいいでしょう。

そうでない限りは、絶対に貸すべきではありません。

それは、

人間の心理として

「絶対に大事な・大切な人に、お金を借りたりはしない」

んです。

大事に・大切にしたい人なら、そんなことは頼みません。

自分が、大事・大切だと思っている人でも、相手がそう言ってきたなら

それだけの関係

だったということです。

たとえ、私情があろうとなかろうと

その人とは今後の人生において、別れるべき相手です。

情に流されず、自分の人生を犠牲にすることない様に生きて行きましょう!

以上、参考になれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA