障害者の恋愛のネガティブな思い込みは間違い。障害を理由に、恋愛を諦める必要はない。

障害者の恋愛のネガティブな思い込みは間違い。

障害を理由に、恋愛を諦める必要はない。

そう断言することができます。

世界を見渡しても

障害者であろうと

ADHD等であろうと

いくらでも色々な形で、恋愛をしているケースはあるんです。

自分にはこんな障害があるし、

きっと恋人できないよな

なんて言う考え方は、もうやめましょう。

1つの何かが出来ないという強烈なネガティブを理由に、全てを諦めてはいけない

ぜひこのことを、覚えておきましょう。

何かが出来ないという、変えることのできない事実は受け入れ、

みんなと同じことはできなくても、

自分には違うことができるという点を見出し、

そこをアピールして、勝負すればいいのです。

日本では、よく「五体不満足」の著者、乙武洋匡さんが代表例にされますね。

「障害は不便です。だけど、不幸ではありません。」

五体不満足 [ 乙武 洋匡 ]

その言葉にも秘められているように、

そんなあなたに必要なのは、自分を愛する自信です。

イチゴ君
イチゴ君

恋人を望む場合は、ぜひそう考えるようにしてほしいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA