FIRE (経済的自立・早期リタイア) を目指して。そしてその先。

「FIRE」「早期リタイア」「経済的自立」

少し前から聞く言葉ですね。

夢は「仕事せずに、毎日好きなことで遊んで暮らす!」

と、理想を夢見ていた人は多いのではないでしょうか?

私も本心はそう願いながら、「夢のまた夢」と諦めていました。

しかし、このインターネットが普及した現代。

夢物語ではなくなってきましたね。

自分の時間を切り売りするだけのサラリーマンから、個人で違う形で青天井の収入。

ネット証券等による資産運用の広まり。

生活スタイルの変化。

他にも色んな要素はあると思います。

私も、まだまだ達成できる状態には程遠いですが、今チャレンジしている途中です。

ただでも、FIREして、

単純に今後の生活資金が確保できればいいわけではないんですよね。

FIREしてからの、その先、皆さんは考えてますか?

たとえば、50歳でFIREに成功。

一般的に働くその後10年。定年延長による更に5年。人生100年死ぬまでの35年間。その365日間。

ずっと好きなことして、遊び続けられるでしょうか・・・。

きっと飽きますよね。

屋外のものが好きなら、季節・天候にも左右されます。

仲間とするものなら、その仲間にも左右されます。

だから、FIREした人の多くは、また仕事をするんですね。

ただ、前みたいに「お金のための仕事」から「本当にやりたい仕事」に変わるそうです。

納得ですよね。

きっと私もFIREしても、これといった趣味はなく、毎日魚釣りしても飽きるし、世界中を旅したいというのも、いつかは飽きるでしょう。仮にYouTuberとかなっても、YouTubeがずっと存続するものでもない。

そこで私の決めた目標が「農業」です。

本当にやりたかった仕事?と、聞かれると、そうではありませんが・・・。

仕事も含め、どうしても時間に締め付けられたくないのが本音。

出荷は多少時間気にしないといけないかもですが、それ以外は自分のペースで育てたいですね。

あとは、自分の作った作物で、誰かの食を満たしていると感じたい。

そんな思いで、早くもFIREのその先を夢見ています。

目標が明確だと、こんなアラフォー男でも、毎日がワクワクします。

ぜひFIRE目指している方は、その先も今のうちから準備しておくと、有意義な人生が過ごせるのではないでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA